革命国家が勝利に向かって前進する玉川上水のブログ

駿河南海軍工廠の後継。近現代史小説を中心に掲載。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  小説
tag : 
・直近の小説作品
Komissaru № 1:"Привет? Komissaru мой № 1. 'S Там за тебя сейчас!"
(コミッサール1号「もしもし? 私コミッサール1号。今あなたの後ろにいるの!」)
Komissaru № 2:"Тогда я останусь позади вас!!"
(コミッサール2号「それならば俺は貴様の後ろに居るぞ!!」)
 2009年以降の主要な掲載作品です。

・長編小説

飛びます』(2009/10/23-連載中)
 第二次大戦から100年後の未来……。
 世界は旧世紀の重力に引き摺られるまま、再び戦争の時代へ帰ろうとしていた。
 だが、青春を謳歌する可憐純情な娘どもには、そんなことは関係が無かった!
 WW3直前の世界観を舞台に繰広げられる陰謀、スパイ戦、そして学園乙女達の珍騒動。
 ミスマッチこの上ねーよ、なんて言われなくても分かっとる。
 毎週末掲載中なるも給与遅配多し。実質隔週隔月。

・短編ブログ小説

廃棄物十三号艦』(2010/2/15)
 八八艦隊計画が実現し、帝国崩壊を免れた架空の戦後日本。
 特別高等警察の刑事・寺尾は、海軍徴傭船「阿波丸」爆沈事件捜査の為、東京湾・月島埋立地を訪れる。彼が思いがけず目にしたものは、浮き船台と名を変え、誰からも忘れられた、朽ち果てた「十三号」巡洋戦艦の姿であった……。
 タイトルおよびアイデアは、周知のアレから拝借。

駿河南短編集2009・「歴史変えます」』(2009)
 文字通り、2009年に執筆掲載した短編小説の中から主たる作品をえらび、纏めたものです。
 表題作『歴史変えます』ほか、『戦略核ミサイル軍団』『英霊年金』『帝国海軍老人』等七篇を収録。


・お気に召した作品などございましたら、拍手やコメント、メール等、随時歓迎しております!
 なお、この記事は常に諸子の先頭にありです。
 近況とか世迷言とか、Twitter任せが現状だしね。
『飛びます』更新報告ぐらいしか、ここで書くこと無いし。


スポンサーサイト
Category :  小説
tag : 

『飛びます』第三一回分を掲載しました。
http://surugaokb.web.fc2.com/novel/tobimasu/2_31.htm


実はまだ続いていたんじゃよ。



Category :  小説
tag : 

「ここは赤い党」


党本部


「ぎゃーッ! やめてくれーッ。オギャー、オギャー!」


「わっはっはっは。楽しいなぁ、拷問は」


「あんたほんとに暇みたいですね」


「しょうがないだろう、更新がないんだから。これが終わったら銀行でも襲いに行くか」


「同志諸君、一大事だぞ」


「どうしたんですか」


「誰だこいつは」


「無視してください。それより同志書記長、一大事とは?」


「君らは何年も前にここのサイトで掲載されてた『清算』という小説を知っているね」


「知っております」


「ソ連軍が北海道に上陸して日帝軍国主義者をぶちのめす話ですな。未完でしたが」


「そうなんだが、それが完結したらしい」


「は?」


「(笑)」


「嘘じゃねーよ!」


「そうその通り、嘘じゃありません」


「100%真実しか言わない大本営がそういうのですから間違いはありません」


「戦果の発表以外では……」


「あと損害の発表も」


「つまらない『真実』なんかより、みんなが笑顔になれる方が」


「ずっと重要だと大本営は思うから……」


「そうだそうだ、本当だ」


「新しくなった『清算』は、パブーで500円で売っています」


「登場人物がすべて実在人物になり、なんと私も登場します」


「皆さん是非読んでくださいねー」


「そうか、僕はここにいてもいいんだ!」


「あんたは一体なんなんだ」


『ソ連が街にやって来る~清算~』は、第十四回文学フリマで頒布した五万文字程度の読み切り小説です。
無料で読める13ページの試し読みもついているので、是非読んでみてくださいね。







Category :  小説
tag : 

『飛びます』第三十回更新分を掲載しました。
http://surugaokb.web.fc2.com/novel/tobimasu/2_30.htm


















「どう考えても久しぶりすぎるだろ」




Category :  小説
tag : 

 
「ここは赤い国」




 




 
「ふはははは。まこと粛清は楽しいのう、トハチェフスキーよ」

 
「いい加減にしてください。ここはいつもの狂ったゲームレポじゃないんですよ。
 仮にも他人の本を宣伝する場だというのにどういうテンションなんですか。いい加減にしてください」

 
「いいじゃないか、俺たちは久しぶりにこうしてブログに出たことなんだし。
 それに『いつもの』ってお前、それは2007年の記事じゃないか。四年も前の記事じゃないか。粛清してもいいじゃないか」

 
「ああいいですよ、この期に及んであなたに何かを期待した私が間違っていたんだ。粛清でもなんでも勝手にしていなさい。でも私たちが出ていなかった四年のうちに、ゲームがバージョンアップされて、最新作の『アーセナルオブデモクラシー』では、偉大なソ連は弱体化してしまったんですよ」

 
「その製作者はシベリア送りだ。…で、その『本』というのは一体なんだ? スターリン全集か?」

 
「このあいだ、日本の東北というブロヴィンスで発生した震災のためのチャリティー本ですよ。
 スターリン全集ではありません」

 
「チャリティー……?」

 
「ああ、同志には分からないかもしれませんが、世の中の普通の人間は、酷い目にあった人を見れば、助けたいという心が自然に湧いてくるものなのですよ。…で、この本は有料の電子書籍でして、売り上げがそのまま寄付金として、被災地復興のために使われる仕組みなのです」

 
「何をいうか。わしとて傷ついた土地と人民を見れば、直ちに赤軍を送り込み、『解放』しておるわ」

 
「ああそうですか。ともかく、これはそういう本なのです。書名は『「P」vol.2』、価格は500円です。クレジットカード払いのほか、コンビニでもお支払いできます。
 こんなブログで紹介してよいのかと思うほど、内容はまともな純文学雑誌です。そこへここの廠長が、空気も読まずにトチ狂った小説を送り込んだので、さぁ大変……」

 
「なんだそれは。トハチェフスキー、わしはその小説のこと知らんぞ」

 
「はあ。幕末のサムライたちが、刀とAK-47を持ってる小説とのことで、『侍とカラシニコフ』という題名です。…現状、ここで連載したりしなかったりの『飛びます』に換算すると九回分に相当する、45000文字の大型作品です。佐久原廠 の筆名で寄稿しています」

 
「ここの仕事をさぼってそんなことをしていたのか。あの男はシベリア送りだ」

 
「我が諜報部が入手した情報によると物語は四部構成で、
 第一部は、井伊大老と水戸浪士がAK-47戦車で大暴れ。
 第二部は、武市瑞山がポニテ美少女になってトンプソンで大暴れ。
 第三部は、長州藩が空母で大暴れ。
 第四部は、国連軍がブチ切れて大暴れ。
 というあらすじになっております。どんなチャリティーだ

 
「人の命を、なんだと思ってやがるんだ」

 
「ですよねーーー」



 
「震災をテレビで見て、かわいそうだな、でも自分は無力だ……。そんな風に思っている同志はいませんか? そんなことはありません。一人一人の力は弱くとも」

 
「勇気ある人民が、団結し、昼食に二郎へ行くのをやめ、この小説を買うことで、多くの人々の苦しい暮らしを救う英雄的な一助となるのです。心配せずとも私には元より一銭も入りません」

 
「ここをご覧の読者の皆さん。長年の私の友人の皆さん。いまこそあなた方のお力を借りたい」

 
震災義援本に来たれ。復興へ向け、前進あるのみ!


震災義援・文芸合同電子本
『P』Vol.2

価格500円 12作品270枚 好評頒布中!




・宣番出演者

  偉大な同志

  スキル2の赤いナポレオン

  製パン会社経営

 の提供でお送りしました。
 震災の犠牲となった多くの方々へ、この新作をもって哀悼の意を表します。
 私なりの方法で。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。