革命国家が勝利に向かって前進する玉川上水のブログ

駿河南海軍工廠の後継。近現代史小説を中心に掲載。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  小説
tag : 

 海軍少尉・柴崎勇人は、その名前とは異なり、あまり勇ましい男ではない。戦争の敗色が濃くなってから、学徒出陣で引っ張られたクチである。
 従って軍歴もそれ相応で、先日も特攻隊に志願したものの、彼の乗機だけ発動機の具合が悪く、一人だけ出撃出来なかった。もっとも彼は、それを悔しいとか、惜しいとか思う気持ちは全然ない。
 ――死ぬのがすこし遅れるだけだ。
 と思っている。
 いまの日本は、往くも地獄、送るも地獄である。
 本土決戦を目前にした現在、日本人はみな、いつかは死ななければならないのだ。
 そのことを分かってか、喘息持ちの柴崎のゼロ戦も、今日は調子がいい。
 米軍占領下の嘉手納飛行場に、命令通りタ弾を落として来た柴崎は、九州に向け帰投針路を取った。
 薄暮攻撃のため、周囲は既に暗い。
 背後から、緊急発進した二機のP-51Dがついてくる。
 曳光弾のつぶてが、柴崎のゼロ戦をかすめて、追い越していった。
 柴崎はスロットルを全開にした。
 振り切れない。
 ――あぁ。俺、死ぬのか。
 闇の中にあっても黒い、急迫する敵機の影を背中越しに見て、柴崎はそう思った。
 そのとき柴崎の目に、ふと、20ミリ機銃の発射レバーが留まった。
 ゼロ戦の主力兵器と教えられながらも、実戦では一度も使ったことのない装備である。
 ―― 一度くらい撃ってみるか。
 柴崎は弾丸を装填し、安全装置を外した。
 撃った。
 ドンドン、と重く鈍い発射音がし、機が激しく振動した。
 それを見て、二機のP-51Dは翼を翻し、帰っていった。
 20ミリ機銃の発射炎と煙、振動を見て、弾丸が命中したと思ったのである。
 米軍パイロットの勘違いのおかげで、柴崎は難を逃れた。
「あれ、助かったか」
 引き上げていく敵機を見上げて、柴崎は、「また死に損なったなぁ」と複雑な顔をした。
 次の瞬間、柴崎のゼロ戦は、暗い夕闇の海に飛沫を上げて突っ込んだ。



 




テーマ:短編小説 - ジャンル:小説・文学

コメント


この記事に対するコメントの投稿



*ようこそ、トラブルシューター。*

Computer:
 このコメントフォームに「/」を重ねて書くことは反逆です。
 URL欄にアドレスを入れる者は、恐らく反逆者以外にはいません。

 市民の幸福は、コメントを書き、Computer に奉仕することです。
 あなたはComputer の仕事に感謝して、喜んでコメントを書きますね?
 そうしないことは反逆です! 直ちに処刑の対象になります!!
 
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://aqira.blog61.fc2.com/tb.php/263-65c0be3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。