革命国家が勝利に向かって前進する玉川上水のブログ

駿河南海軍工廠の後継。近現代史小説を中心に掲載。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  小説
tag : 

 新宿西口の焼跡に広がる闇市では、並木路子の「リンゴの唄」がレコードで流され、そうかと思えば別の角では、片足のない傷痍軍人が、復員服姿で筵の上に座り、ハーモニカで軍歌を吹いていた。

 ――若い血潮の予科練の
 七つボタンは桜に錨
 今日も飛ぶ飛ぶ霞ヶ浦にゃ
 でかい希望の雲が湧く……。

 曲に合わせて唱歌する者もなく、大きな荷を背にした人々は、黒ずんだ疲れきった表情で、その前を通り過ぎていく。
 そのときB-29の巨大な影が、上空をのっそりフライパスしていった。レシプロエンジンの爆音が周囲に轟くと、みな一旦立ち竦むようにその場に足を止め、傷痍軍人もハーモニカを止めて、息を殺し、飛び去るのを待った。
 B-29が行ってしまい、市に再び日差しが照りつけると、人々はまたとぼとぼ歩き出す。か細いハーモニカの音色も再開した。
「払えない、ってのはどういうことなんだ? 山岡さん」
 市の片隅に、半長靴を履いた飛行服の男が居た。茶色い飛行服は色褪せ、綻びも目立つ。痩せているが、鍛えられたしなやかな身体をしていた。
「勘弁して下さい楢崎さん。来月はきっとお支払いしますから、今月は待って頂けませんか」
「来月?」
 飛行服の男、元海軍一等飛行兵曹・楢崎渉は、腰から銀色に光る何かを引き抜き、それを音高く卓に叩き付けた。
 旧軍の三十年式銃剣。剣身四〇センチ。
「舐めてるのか? てめえ。ブスッと行くぜ」
 国民服の中年男、山岡は、大柄な、しかし骨ばった身体を反らして、何度も首を振った。
「昨日、昨日盗まれたんです。だから今は、金子が」
「こっちの知ったことか。あんたの不始末だ。所場代払えないなら仕方ない、持物全部置いて出て行け」
「そんな、殺生なこと」
 山岡は半ば裏返った声で叫んだ。
「このうえ売り物までなくしたら、どうやって生きていけばいいんだ! 楢崎さん、あんた、このあたしに死ねって言うのか!」
 そのとき――楢崎の心臓が一瞬高鳴り、次の一瞬には、彼は言うべき言葉を失っていた。
「死ね」と命じられ、特攻隊となって、滅び行く祖国に次々と殉じていった仲間たちの顔が、楢崎の脳裏をよぎっていた。
 爆弾を抱き、鮮やかな日の丸の鉢巻を締めて、海ゆかば水漬く屍、醜の御盾となって、神国日本の悠久の大義に、己が身を捧げた戦友たちのまなこが目に浮かぶ。
 あの特攻隊の勇士たちは何処へ行ったのか。
 いま、特攻隊の勇士は死に、死んだ者は二度と戻らず、生き延びた者は、闇屋として生きている。
 では、彼らが守ろうとした日本の国は……?
「それこそ――」
 気付けば楢崎は、腕を相手の首に絡ませ、喉に銃剣を突き付けていた。
「それこそ、俺たちの知ったことじゃないんだよ」
 楢崎は手下に命じ、山岡を市から追い出した。山岡は売り物どころか、自分の着ていた物も全部、身包み剥がされ、犬コロのように追放された。
「ねえ? 兵隊さん」
 楢崎が山岡の荷物を纏めていると、その背後から女が声をかけた。
「その場所の人、もう戻って来ないんだろう? だったらあたしにおくれよ。あたし、カフェーをやるんだ」
 楢崎は、黙って相手の姿を見た。女が昼間に一人で喫茶店をやるということは、意味はひとつしかない。
 歳は中年に達しているだろうが、すらっとした背の高い女で、細い顎と大きな眼を持っている。
「いいだろう。もっともうちは米軍相手専門だが構わないか」
 女は、ふっと笑った。
「あたしは、海軍さん仕込みだよ」
 楢崎は、すぐにその意味を察し、もう一度女を見た。蓮っ葉な言葉遣いをしても、どことなく感じる上品さはそのためか。
「士官だな。……どこだ?」
 楢崎が訊くと、女は答えた。
「サイパンの海の底。魚の餌になって、少将様さ」
「そうか」
 楢崎は海軍の帽章が入った草色の略帽を被り、「ついて来い」と女に言った。二人は真ッ白の日差しの中を、連れ立って歩き出した。

 ――燃える元気な予科練の
 意気の翼は勝利の翼
 サッと巣立てば荒海越えて
 ゆくぞ敵陣殴りこみ……。

 傷痍軍人の演奏はまだ続いている。
 楢崎は懐から注射器を取り出し、腕にヒロポンを注射した。



 




コメント


この記事に対するコメントの投稿



*ようこそ、トラブルシューター。*

Computer:
 このコメントフォームに「/」を重ねて書くことは反逆です。
 URL欄にアドレスを入れる者は、恐らく反逆者以外にはいません。

 市民の幸福は、コメントを書き、Computer に奉仕することです。
 あなたはComputer の仕事に感謝して、喜んでコメントを書きますね?
 そうしないことは反逆です! 直ちに処刑の対象になります!!
 
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://aqira.blog61.fc2.com/tb.php/264-37572245
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。