革命国家が勝利に向かって前進する玉川上水のブログ

駿河南海軍工廠の後継。近現代史小説を中心に掲載。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  敗戦日記
tag : 

二六日:
 とにかく兵士たちは、このあと
 いかなる危険や困難が待っているにせよ
 ようやく出動できて、ほっとしていた。
 依然緊張はしていたものの
 ストレスは多少なりとも和らいでいた。

 今ではだれもが、何であれ、早く仕事を片付けちまおう
 用をすましてしまおう、と思っていた。
 輸送船や平底船の上で、最後の手紙を書いたり、ポーカーをしたり
 はてしなくしゃべりつづけたりしていた。


(コーネリアス・ライアン「史上最大の作戦」)


 


 今日が試験。
 朝五時に起き、顔を洗って出発する。
 つもりだったのだけど、
 mp3プレイヤーを持っていきたくなり、しばらく弄っていたので
 時間がなくなり、駅までダッシュする。
 とつげきー!

 電車には間に合ったが、いきなり疲れきってるわたし。

 静岡駅から新幹線に乗換え。
 ホームで助六寿司を買って、車内で食べる。

 中は稲荷寿司とかんぴょう巻の折詰め。
 こういう時でもないと、かんぴょう巻って食べないかも。
 お寿司屋さんに行って
 かんぴょう巻を食べようとは思わん。

 東京駅からさらに二回乗換えて、大学へ。
 ここまでぶじに着けたので、まずは一安心する。
 
 朝から、どうにも乾燥目気味で
 こすりすぎたのが悪かったのか、目がよく見えない。
 視界が半分くらいになっていて
 時間がすくない国語のテストでは、ちょっと困った。

 昼すぎ、テストが終わり、
 駅まで戻った後、さて……と考える。
 テストは二日間で、明日もあるので
 宿を取ってあるのだけれど、チェックインするには早すぎる。
 どこかへ行こう。
 とりあえず秋葉原まで行く。

 肉の万世(四階)で昼食を取ってまったりしていると、
 飛龍さんから偶然、秋葉原へ行く旨の通信が入り合流。
 押井守監督のトークショーがあるというので
 その後合流したムスペさんと一緒に、ついて行くなどした。

 押井監督はともかく、岡部いさくさんの話がたのしい。
 毎年二月二六日にやっているそうなので、
 用が無ければ来年も行ってみたい。

 夜も更け、宿に移動。
 今回も南千住のドヤ街。

 むかしは日雇い労働者が住み込んでたそうですが、
 最近ではドヤも小奇麗になり、安いビジネスホテルという趣。
 日本語を喋ってる宿泊客がひとりも居ないことを除けば、
 わりあい普通ですよ。

コメント


この記事に対するコメントの投稿



*ようこそ、トラブルシューター。*

Computer:
 このコメントフォームに「/」を重ねて書くことは反逆です。
 URL欄にアドレスを入れる者は、恐らく反逆者以外にはいません。

 市民の幸福は、コメントを書き、Computer に奉仕することです。
 あなたはComputer の仕事に感謝して、喜んでコメントを書きますね?
 そうしないことは反逆です! 直ちに処刑の対象になります!!
 
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://aqira.blog61.fc2.com/tb.php/456-15b6410a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。