革命国家が勝利に向かって前進する玉川上水のブログ

駿河南海軍工廠の後継。近現代史小説を中心に掲載。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  敗戦日記
tag : 

三十日:
 午前。まだ友人のクルマがある。
 つまり昨日は、早速うちに泊まっていったわけで
 彼はこの庵の最初のお客さんになった。

 わたしはいつもの原付(YAMAHA-RD50)は持ってきたけれども
 輸送量では当然クルマに及ぶべくも無いため
 使える車輌があるうちに、買出しを済まそうと考えた。

 昼ごはんを買いに行こうなどと、わたしは適当な理由を付けて
 彼を誘い出し、お店の場所がわからないという困難も
 カーナビで華麗に乗り切る。

 午後。友人の車を見送ったあと
 東京電力に電話をかけ、もはやこの部屋は
 我が國の領土である旨通告する。
 敵は我々の要求を受容れ、降伏したため
 電力が確保された。

 しばらくしてガス屋さんが来訪。
 ガスを供給してもらい、ガス台を設置した。

 ほかにも色々、やっていたのだけど
 四時ごろ、昨日に続いてふたたび輸送船が到着。
 往復八時間の行路を、二日間連続で敢行してくれた家人には
 ほんとに頭が下がる。

 最後の大きな荷物だった机が運び込まれ
 引越しは完全に終了。


 


 家具も小物も、殆ど新しく買うことなく
 元々の持ち物の大半を、ここへ運び込んだので
 実家の部屋をまるごと移設したかのような様相となった。

 ホームシックに罹らないように、また
 たとえ実家に戻っても何も無いようにするため
 今回あえてそうした。

 家族には負担を強いる事になったけれど
 いつか本懐を遂げたとき、それをもって
 恩返しに出来るだろうと思う。

 ガスが使えるようになったので、
 便所がある変な風呂(ユニットバスのこと)でシャワーを浴びる。

 実家には自動で温度を調節してくれる機械があったため、
 熱湯と冷水を同時に出すシャワーを初めて使い、結果あッつい!!

コメント

No title
東京での生活は如何でしょうか?

廠長におきましては、一人暮らしの生活に胡坐をかき、また缶コーヒーの神様や埃の神様が生まれない事を祈っております。

では、これにて。
2009/07/19 14:09URL  T2 #gJtHMeAM[ 編集]

No title
請求書が大変充実してます。
部屋はまだ(そんなに)散らかってないですよ。
2009/07/19 14:18URL  廠長 #Iu2BPJvY[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿



*ようこそ、トラブルシューター。*

Computer:
 このコメントフォームに「/」を重ねて書くことは反逆です。
 URL欄にアドレスを入れる者は、恐らく反逆者以外にはいません。

 市民の幸福は、コメントを書き、Computer に奉仕することです。
 あなたはComputer の仕事に感謝して、喜んでコメントを書きますね?
 そうしないことは反逆です! 直ちに処刑の対象になります!!
 
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://aqira.blog61.fc2.com/tb.php/460-381b2c8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。