革命国家が勝利に向かって前進する玉川上水のブログ

駿河南海軍工廠の後継。近現代史小説を中心に掲載。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  読み切り小説
tag : 

 海上自衛隊のイージス護衛艦「かこ」が消息を絶った。意識を取り戻した乗員たちは、自分たちが一万年の昔へタイムスリップしたことを知る。

 外は氷河期だった。凄まじい吹雪で一寸先も見えない。艦長は付近の様子を探るため航進を命じた。しかし艦は動かない。調べてみると艦は陸の上にあった。乗員たちは艦を捨てて脱出し、どこへともなく姿を消す。

 そして遥かな時が流れた。国際考古学研究チームは富士山麓調査中、山肌深く沈む物体を発見した。それは人工の物体であり、発掘調査のすえ、巨大な船舶の一種であることが判明した。学会は騒然となった。

「なんてことだ。ノアの箱舟が見つかった」


コメント

No title
艦名がまた秀逸ですねw

あの「あたご」もどきみたく現用艦がタイムスリップして好き勝手暴れて許されるのはこんな時代くらいでしょうか。

「フューチャー」は本来なら艦を沈め、クルーは人目を避け、種も撒かず無人島で魚でも捕ってひっそり暮らすべきだったと思っとります。
まあそれじゃ面白くもなんともないし、かといってなんの抵抗も感じず帝国海軍に加担するのもどうかと思うので、漫画としては結局あれでよかったのかなw
2009/07/17 17:12URL  前進翼 #-[ 編集]

No title
「早速このことを世界に公表し、真相を明らかにしようではないか」

 チームリーダーの男は思わぬ収穫に興奮していた。長年の人類のなぞがまたひとつ解明されたのだ。むろん、みな異存はなかった。

 そこへ現れた一団の憲兵隊。発掘チームの面々に銃をつきつけ、将校が言った。
「全員その場を動くな。スパイ容疑で逮捕する」

「なんだと」
 壁に押し付けられながら、リーダーが必死に抗議した。
「なぜスパイなんだ」

「軍機保護法違反の嫌疑がある。現時点をもって本艦は帝国海軍の所有となる」
 部屋は騒然となった。
「そんな馬鹿な。君たち、自分が何をしているか分かっているのか?」

 将校は叫んだ。
「黙れ! 私語を禁ず」

(つづかない)
2009/07/17 21:42URL  廠長 #Iu2BPJvY[ 編集]

No title
「フューチャー」のほうはアッツ島位までしか知らないわたしです。

>人目を避け、種も撒かず無人島で魚でも捕ってひっそり暮らすべき

そして彼らのサバイバル生活は木曜スペシャルで発見されるまで続いたという…。
2009/07/17 21:58URL  廠長 #Iu2BPJvY[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿



*ようこそ、トラブルシューター。*

Computer:
 このコメントフォームに「/」を重ねて書くことは反逆です。
 URL欄にアドレスを入れる者は、恐らく反逆者以外にはいません。

 市民の幸福は、コメントを書き、Computer に奉仕することです。
 あなたはComputer の仕事に感謝して、喜んでコメントを書きますね?
 そうしないことは反逆です! 直ちに処刑の対象になります!!
 
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://aqira.blog61.fc2.com/tb.php/473-b874baaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。