革命国家が勝利に向かって前進する玉川上水のブログ

駿河南海軍工廠の後継。近現代史小説を中心に掲載。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  読み切り小説
tag : 

 漂う船があった。もう何日も波に揺られ、乗員の疲労と倦怠は限界に来ている。二人の航海士が言い争っていた。

 一人は、最も近い陸がある北へ向かうべきと主張した。だがもう一人はそれに反対し、交通の盛んな南の海域に行くべきだと言っている。二人は拳銃を抜いた。こだまする銃声。生き残った一人がブリッジに戻り、当直に言った。

「本船の行く先は決まったぞ。エンジンが直ったら呼んでくれ」


コメント


この記事に対するコメントの投稿



*ようこそ、トラブルシューター。*

Computer:
 このコメントフォームに「/」を重ねて書くことは反逆です。
 URL欄にアドレスを入れる者は、恐らく反逆者以外にはいません。

 市民の幸福は、コメントを書き、Computer に奉仕することです。
 あなたはComputer の仕事に感謝して、喜んでコメントを書きますね?
 そうしないことは反逆です! 直ちに処刑の対象になります!!
 
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://aqira.blog61.fc2.com/tb.php/480-b3fe2d60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。