革命国家が勝利に向かって前進する玉川上水のブログ

駿河南海軍工廠の後継。近現代史小説を中心に掲載。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  読み切り小説
tag : 

♪~
 今日は歌を歌い、冷えたワインを飲もう。
 さあ、乾杯をしよう。
 なぜなら別れなければならないから。

 その白い手を握りたい。
 さようなら、愛する人よ。
 さようなら。どうかお元気で。

 我らはイギリスへ行く。
 今こそイギリスを滅ぼそう。
 イギリスへ!


 
 ドイツ週間ニュース




 

 ○月○日。我々海軍報道班待望の日がやって来た。我が大ドイツ海軍が誇るこの巨艦の偉容を見よ。就役なった新鋭航空母艦「グラーフ・ツェッペリン」号は、我が海軍旗を勇ましく翻して、我々班員一同を待っていた。

 今日より我々の乗艦となったこの「ツェッペリン」号は、我が海軍技術の成果たるに相応しい最新鋭艦であるのみならず、我が第三帝国が名実共に、世界に冠たる大海軍国として復活を遂げた証でもある。ここに祖国の再建は成ったのである。今こそ出でん、世界の海へ。我が海軍旗の行くところ、米英の船、全て爆沈せん。

 艦は埠頭より、食糧・弾薬、燃料等、補給品一切の積載を終え、出撃の用意は整った。艦隊司令、艦内放送を通じ、艦長以下全乗員に、我が総統よりの激励文を読み上ぐ。全国民の期待ここに集う。我ら誓って勝たん、総員意気軒昂なり。

 巨艦は曳船に導かれ、いま壮途に付く。行くはロンドン、ニューヨークか。その日は近い。楽隊の見送りに艦長以下、敬礼を持って応う。我が海軍兵、曳船に信号を送り、艦は速力を上げる。舳先を離れ、本艦の白い引き波に揺られる曳船が、豆の如く小さい。



 



 外洋に出たのち、艦は陸上基地より飛来の航空機を収容した。「ツェッペリン」の檣頭に風速風向を示す旗旒信号が上がり、困難な着艦を助ける。猛訓練を重ねた我が飛行隊、事故機は一機もなく、艦はぶじ収容を終えた。荒波を蹴立て、向かう先はどこか。艦長の訓示。

『本艦は現在、アイスランド方面に向け航行中である。目的は該当方面に遊弋中と思われる敵船団の捕捉・撃滅である。途中、敵艦及び敵航空機との接触が予想されるので、充分警戒せよ。終り』

 艦はなおも航行を続けた。しだいに天候が悪化し、海が荒れ始める。突然、艦橋が騒然となった。
「左九〇度敵商船」
「敵商船発見。左九〇度」
「左砲戦、目標敵商船」
「目標敵商船、撃方始め」

 数発の砲声が轟いた。我々班員も急遽カメラを回す。波の谷間に敵商船らしい船影が見え、その周りに水柱が立った。敵船は逃走を図り、艦は速力を上げて追尾する。敵船は降伏した。



 



 俘虜とともに、敵船より拿捕した積荷が積み込まれる。これは敵の缶詰。我々もチョコレートの恩恵に与ることができた。喜色満面の我が海軍兵士たちとともに食べた、牛缶の味が忘れられない。ありがとう、ルーズベルト大統領。


 翌朝、昨日の嵐とは打って変わり、快晴となる。今日は一働き、と出番を待つ飛行兵。俄かに艦橋より警報発令さる。
「敵哨戒機、右三五度」
「対空戦闘用意」

 我が高射砲、砲門を開き、猛然として攻撃す。敵は堪らず遁走、我が視界外へ逃げ去る。ほぼ時を同じくして、友軍陸上機より通報あり。『敵空母見ゆ』。
 我が飛行兵、勇躍愛機の元へ。
「総飛行機発動」
 飛行甲板に並ぶ三〇余機のエンジンに火が入る。艦は増速し、風上へ。航空機を母艦より離艦せしむるため、一定以上の風速が必要なのである。轟々たるエンジン音。多くの乗組員が固唾を呑んで見守っている。艦長下令。
「発艦始め」

 我が精鋭急降下隊、雷撃隊が続々と飛び立ち、そのあとの空いた甲板上に、戦闘機が上げられた。艦長は本艦の所在が敵に知られたことから、敵の空襲の間近いことを悟っていたのである。果たしてその予測は的中した。我が電波探信儀、敵影を探知す。
「電探に感。感二、感二。感三、感三」
「高速接近中」
「敵機。左一三〇度高角六〇度、距離二〇」
「対空戦闘用意」
「対空戦闘用意」
「第五戦速!」

 全艦に警笛と警報が鳴り響き、鉄かぶとをした海軍兵が次々と銃砲に取り付いた。私たちにも鉄かぶとが配られたが、艦長はこれを拒み、軍帽のまま眼鏡を構えて艦橋に立っていた。



 



 遥か後方の空で、時折オレンジ色の火が流星のように落ち、黒煙に変わるのが見えた。果敢なる攻撃を加え、獅子奮迅の我が戦闘機隊。続いて高射砲の猛射。艦は旋回しつつ、敵機に対し激しく反撃する。数機で突入し来る敵雷撃機へ機銃弾を浴びせつつ、急旋回で魚雷を回避。本艦の思わぬ抵抗に算を乱した敵は、悉く逃げ散ったのである。

 敵空母攻撃に向かった我が飛行隊も帰艦を始め、艦は収容作業に追われた。アイスランド沖の海上には早くも日没が訪れようとしている。艦長は他の僚艦と合流すべく、「グラーフ・ツェッペリン」の針路を西へと転じた。夜の北氷洋を単艦、「ツェッペリン」は進む。零時を回り日付が変わった頃、艦橋の将兵に慌しい動きが見えた。夜陰の中に、不明の船影を発見したらしい。

「目標は商船か、目標は商船か」
 艦橋では副長がしきりに敵の正体を問い合わせている。他の指揮所の信号長が応えて、
「軍艦らしい。目標は軍艦らしい」
「艦型識別急げ」
「目標は戦艦、ないしは巡洋艦」
「戦艦なるや、巡洋艦なるや!?」
「目標は戦艦なり」

「前進一杯!」
「前進一杯」
 艦長は即座に命じた。速力指示器が回され、全速の指示が出る。しかし機関の回転が上がらない。先の戦闘の結果、機関に故障が生じたためであった。刻々接近する敵艦。信号長より再び報告。
「先の目標に関する報告は誤り。目標は空母なり」
「イラストリアス型と認む」

 それは昼間の敵空母であった。航空戦で持ち越した勝負を夜戦で付けようと云う腹であろうか。或いは本艦を友軍艦船とでも誤認したるものか。敵空母との距離、今や指呼の間にあり。艦長、下令す。
「取り舵一杯。左砲戦、目標敵空母」
「目標敵空母、左一一〇度距離七・五、速力二五ノット」
「諸元完成」
「撃方始め」



 



 我砲撃開始。我が砲弾ことごとく命中し、左舷の敵空母、忽ち火柱を上ぐ。
「万歳」
 乗員の歓声巻き起こる。敵空母、我に探照燈照射。敵はようやく我が正体を悟り、針路を大きく転じて、しきりと反撃す。着弾の水柱上がる。数発は我に命中。しかし損害なし。
 大小砲は言うに及ばず、機関砲座までが攻撃に加わり、逃げ惑う敵航空母艦。彼我の砲戦、三〇分余に達す。突然、遠方に発砲炎。本艦の周囲に巨大な水柱起る。

「左九〇度、敵戦艦」
「敵戦艦はライオン型と認む」
「右九〇度、僚艦あり」
「僚艦は戦艦『ヒンデンブルク』なり」
「僚艦より信号。敵戦艦を攻撃す」
 戦艦には戦艦を。本艦は任務を友軍戦艦に引継ぎ、戦場海面を離脱したのである。


 夜明けごろ、機関の修理完了。艦は懐かしい母港へと針路を取った。本艦の赫々たる武勲に対し、艦隊司令部よりお祝いの電報が届き、幾日に渡る長い航海・戦闘の疲れも吹き飛んで、喜びに湧く乗員たちとともに、我々班員も心から笑い合ったのである。

 凱旋を祝し、艦長より乗員一同に、一杯のワインが配らる。戦勝を後にしたワインと、クラッカーチーズがこの上なくうまい。懐かしい大地が待っている。帰港だ、帰港だ。「グラーフ・ツェッペリン」は速力を上げる。祖国の土はもうすぐそこだ。



 



 港に停泊する我が商船団の姿が見える。我が「ツェッペリン」号の帰還に向け、僚艦より打ち振られる帽子、旗の波。航海をともにしたこの艦とも別れる時が来た。我々班員は、艦長以下乗員に別れを告げて、艦の今後の健闘を祈りつつ、空母「グラーフ・ツェッペリン」を後にしたのだった。ここに、本作戦記録を終了するものである。



♪~
 たとえ私が遠い海に散ったと聞かされても
 愛する君よ、泣かないでくれ。
 私の熱い血は祖国のために流されたのだよ。

 その白い手を握りたい。
 さようなら、愛する人よ。
 さようなら。どうかお元気で。

 我らはイギリスへ行く。
 今こそイギリスを滅ぼそう。
 イギリスへ!



 



(ENDE)





コメント

夢落ち?
グラ: ぐー


瑞鳳: またなんかこの娘夢見てるで

瑞鶴: なんだか勇壮な夢みたいですね

ヴァンガード: 何故か無性に、理由は分からんが、殴りたい気がするのは私だけか?


2009/09/26 03:51URL  ツンドラッヘ #IVWpImkQ[ 編集]

宣伝省作戦記録
グラタン:
「…という映画を考えたんですけど」(ドン)
デーニッツ提督:
「げ、ゲッベルス大臣にたのめば?」

(宣伝省)
ゲッベルス大臣:
「なんだこれは。ぜんぜん空母の意味がない」
ゲーリング元帥:
「そうだ、空母など要らない。というか空母は空軍のもの」
グラタン:
「なんだと貴様」
2009/09/26 06:40URL  廠長 #w1X/gZh6[ 編集]


Scharnhorst
「オチが見当たりません」
2009/09/26 08:15URL  ゴロンと #-[ 編集]


シュタウフェンベルク大佐:
「全員逮捕する!」


どっかで見た気がするので省略。
2009/09/26 09:25URL  廠長 #w1X/gZh6[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿



*ようこそ、トラブルシューター。*

Computer:
 このコメントフォームに「/」を重ねて書くことは反逆です。
 URL欄にアドレスを入れる者は、恐らく反逆者以外にはいません。

 市民の幸福は、コメントを書き、Computer に奉仕することです。
 あなたはComputer の仕事に感謝して、喜んでコメントを書きますね?
 そうしないことは反逆です! 直ちに処刑の対象になります!!
 
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://aqira.blog61.fc2.com/tb.php/485-da615725
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。